胎児の病気を早く知るには!

胎児の病気を早く知るにはどうしたらよいですか?

妊娠すると、パパさん、ママさんは、もちろん無事に生まれてくれるか心配になります。

胎児の病気 染色体異常

胎児の病気というと、

胎児の病気について
  • 頭蓋骨の病気
  • 水頭症
  • 大脳の発達・発育の異常
  • 小脳・後頭蓋窩の異常
  • その他
  • 眼の異常
  • 鼻の異常
  • 口唇裂 口蓋裂
  • 先天性の心臓の疾患(約50%)や消化管の疾患(10%)などを有することがあります。しかし、事前に検査で調べることにより、産婦人科と新生児科の連携を通して、より整った体制での臨床管理、早期治療への介入と、経過観察が可能です。

胎児の染色体を検査してくれる、良い病院は

ズバリ!!平石クリニックに相談してください。

 

妊婦様向けの、新型出生前診断の提供になります。
新型出生前診断とは母体から採血し、その血液を検査することにより胎児の染色体異常を調べる検
査です。

従来の非侵襲的な出生前診断に比べて高い精度で検査できる事から、「新型」出生前診断と呼ばれております。
当社の特色として、まずは検査を実施する医療機関の数があります。
全国に提携クリニックを持ち、妊婦さんに負担となる長距離移動をすることなく受検できる体制を整えています。
また、日本に250人程度しか居ない認定遺伝カウンセラーが在籍しており、検査を受けられる方のケアをしっかりおこなっています。

胎児の染色体を検査した後の妊婦さんのケアが大事

両親は実際よりもずっと恐ろしい奇形をそうぞうしています。
だから「赤ちゃん」と表現し,超音波画像などを積極的に使って児の姿を両親に示し、肯定的なイメージが形成されることを期待します。
障害に関しては考えられる予後の最善と最悪の結果について説明します。
疾患の告知においては通常もっとも最悪の結果を説明することに医療者は慣れているが、まだ生まれてこない児に関しては細心の配慮が必要です。

平石クリックは、心のケアをしてくれます。

 ⬆️⬆️おすすめ病院で胎児の病気検査してください。❤️  

平石クリックは顧客満足度が高いです。

一般的に35歳以上にしか出生前診断は案内されません。当院のNIPTは年齢制限はなく、夫婦同伴でないと受けられないなどの制限もございませんので、安心して受診することができます。

土日でも検査可能 一度の来院で結果は最短6日

1回のご来院のみで採血が可能で、検査結果も採血から最短6日でお伝えすることができます。
平日はお忙しくされている方でも土日での検査も受け付けております。

検査後のフォローも充実

当院では検査結果が陽性の場合、日本国内のどちらで検査を受けていただいても、羊水検査費用は全額負担いたします。
※絨毛検査や微小欠失の羊水検査も全額負担いたします。

安心して検査いただける体制を完備

当院では出生前診断には不可欠の認定遺伝カウンセラーが在籍しております。 検査前の不安な気持ちの解消や、陽性の結果がでたときも無料にてご相談いただけます。

胎児の病気を早く知る方法まとめ

勇気を出して、平石クリニックに相談すること。

相談して良ければ、胎児の検査を受ける。

良くても、悪くても、お父さん、お母さん、家族で覚悟を決める。

診断後、妊婦さんの心のケアが一番、平石クリニックのカウンセラーに相談する。

家族、知人、友達、みんなで妊婦、胎児のケアをしていく。

 ⬆️⬆️おすすめ平石クリニックに相談おすすめします。  

🙋染色体異常を調べるには!