双子の兄弟

    • 私には、3人の息子がいる。下の二人は双子である。双子であっても、三者三様に性格も喋り方も、ちがう。

子供は、もって生まれた素質があると思う。勉強する子は、親が言わなくてもやる。練習する子は、親が言わなくてもやる。もしやらされているなら、途中かなり嫌になると思う。

妻は子宮内膜症プラス双角子宮と言う、珍しい病気で、医者からは、子供は、無理だろうと言われていた。

それなのに、三人の子供に恵まれ感謝したい。下の二人、双子は、生まれた時は1600グラムで、保育器に6ヶ月はいった。

2000グラム以下で生まれた子供は、未熟児と言う。1500グラム以下は、極低体重児、1000グラム以下は、超低体重児と言う。

その時覚悟した、もし、障害があっても育ててみせると。

2000グラム以下は、保育器にはいらないといけない。保育器にいると何らかの病気がでてくる。

胎児の病気として、子宮内感染、先天性異常等。栄養が不十分な場合がある。低体重児は、栄養は保たれる為、頭は大きく、体はやせ細っている。うぶ毛は多く、眉毛、頭皮は薄い。

毎日、大病院の最上階に通いながら、目は見えるのか、手足は動くのかと心配した。最上階に着くと、毎日、カンガルー抱っこと言って、赤ちゃんを胸の上に抱いて、栄養瓶を飲ませる。毎日、毎日やった。カンガルー抱っこをすると、子供が、不思議なことに、生きていようと思うと、看護師が言っていた。毎日、毎日行ったら、小児科の壁に、カンガルー抱っこした私の写真が貼られた。それから6ヶ月、無事双子は退院した。

つづく


“双子の兄弟” への2件の返信

コメントを残す