染色体異常を調べるには!

染色体異常を調べるにはどうしたら良いですか?

子供を授かると、親や家族としては、無事に五体満足でうまれてきてくれるか、体にいじょうは無いか心配になるのは当然です。

妊娠中の胎児の染色体異常を調べるには

染色体異常を調べるには、専門で人気のある病院に行くことです。

 ズバリ!!⬇️⬇️ここから 平松クリックに行ってください🙋 

 

妊婦様向けの、新型出生前診断の提供になります。
新型出生前診断とは母体から採血し、その血液を検査することにより胎児の染色体異常を調べる検
査です。

従来の非侵襲的な出生前診断に比べて高い精度で検査できる事から、「新型」出生前診断と呼ばれております。
当社の特色として、まずは検査を実施する医療機関の数があります。
全国に提携クリニックを持ち、妊婦さんに負担となる長距離移動をすることなく受検できる体制を整えています。
また、日本に250人程度しか居ない認定遺伝カウンセラーが在籍しており、検査を受けられる方のケアをしっかりおこなっています。

妊娠中の妊婦様。 高齢になるほど染色体異常の胎児を妊娠する確率が高くなる為、主に30代・40代の方がこの検査を受けられています

平石クリニックは女性の心のケアをしてくれる

染色体異常検査とは

母体から採血して血液を検査し胎児の染色体異常を調べる検査のことです

新型出生前診断・NIPTは、お母さまの血液から胎児の染色体異常を調べることができる、スクリーニング検査です。当院は、妊婦様・ご家族様に正しい染色体異常の知識をご提供し、ご理解いただいた上で出生前の検査を受けていただきます。

通常二本の対をなす染色体を両親からそれぞれ1本ずつ受け継ぐ分裂の際に、ある番号の染色体において3本になってしまった状態のことを言います

基本検査のトリソミー検査とは、常染色体の13番(パトー症候群)、18番(エドワーズ症候群)、21番(ダウン症候群)染色体がトリソミーの疾患があるのかを検査しす。

上記の染色体異常を調べることができます。
妊婦さんからのわずかな採血で検査ができるため、母体への負担が少なく、流産や感染症のリスクがすくないのがメリットです。
その他にも「検査精度が高い」、「妊娠早期でも検査できる」といったメリットがあります。

ヒトの細胞には46本の染色体があり、それぞれが2本1組の対を成しています。このうち22対(44本)は常染色体と呼ばれ男女に共通しますが、残りの1対は性別を決める性染色体といい、男性はXY、女性ではXXを持ちます。父親と母親からそれぞれ同じ遺伝子情報を含む1本ずつを受け継ぎ、その染色体2本が1対として機能しています。

妊娠中、セルフリーDNAが胎盤から漏出し、お母さんの血液の中を循環しています。そのため、母体血中には胎児由来のセルフリーDNAと母体由来のセルフリーDNAが混在しています。NIPT検査ではこの胎児由来セルフリーDNAの遺伝子配列を解読することで、DNA断片が何番染色体に由来しているかを判定し、染色体異常を検出します。
新型出生前診断といい、非常に精度の高い検査が可能になりました。

妊娠10週以降の単胎妊娠、双胎妊娠の方*(注1)が検査可能です。年齢制限はありません。バニシングツイン*(注2)の方は申込時に必ずご申告ください。当クリニックでは、妊娠10週0日~15週6日までに受検することをおすすめしますが、16週以降で受検希望の方もご相談させていただきす。

ご希望の方には性別をお知らせいたします

ご希望の方は性別をお知らせできます。検査結果の用紙に性別を記載してお送りいたします。

※採血以降に性別通知の変はお受けできません。

染色体異常を調べるにはまとめ

平石クリックに申し込み予約をとる。

女性であること、メンタルをケアしてくれるか、納得するまで相談する。

結果が出た際のケアを家族、友人とともにミーティングする。

一番は妊婦さんや生まれてくる子供のことを考える。

安心や覚悟を決める為に染色体異常検査を平石クリックでおすすめします。

 

(๑♡⌓♡๑)ダイエット方法2020年最新!

(◍•ᴗ•◍)❤遺伝子検査してダイエットしましょう!

( ˘ ³˘)♥遺伝子検査キットこれが一番!

🔴潜在能力を知る方法?

🔴遺伝子を知って潜在能力を発見しましょう!

🔴胎児の病気を早く知るには!