肌荒れ改善

 

冬になると、よくかかとが割れそこから出血したり、水を触ると直ぐに、手荒れして、出血した。手荒れの原因として、水仕事などをよくする人は、もともと人間にある、バリヤ機能が失われ、手荒れをする。

  • また、化粧品やハンドソープなど、合わない市販の物を、使用すると手荒れしたり、肌荒れする。
  • 肌荒れの予防として、バリア機能を回復させる必要がある為、保湿剤を塗る。
  • 水仕事は、お湯を使用しない方が良い。なぜかというとお湯を使用すると、よけいに乾燥して荒れがひどくなる為だ。
  • 寝る前に手荒れのクリームの他に、化粧水を塗るとよりいっそう肌荒れ予防できる。いっこくも、早めに、治したい人には有効である。
  • あまりにも手荒れ、足あれ、顔荒れがひどい場合は、医者を頼ること。
  • 手荒れの病名として、進行性指しょう角皮症と言って、婦人病と言って、水仕事の多い主婦の病気である。
  • アトピー性皮膚炎。首、ひじ、ひざ、顔等の、裏にかゆみ、湿疹等の肌荒れがでる。
  • 肌荒れに良い食べ物として、ビタミンB2、うなぎ、うし、とり、ればー等、ビタミンB6豚肉、はむ、豆類など、ビタミンB1、豚、牛レバー、マグロ、カツオ等、ビタミンC、かんきつ類、ほうれん草等をバランスよく食べる。

一番は、しっかり睡眠をとり、ストレスを貯めないということ。なかなか難しいが、よっぽど酷いときは、大病院へいくこと。

コメントを残す