多汗症手

  • 多汗症は、200人に一人の割合で、手、足、体、頭など、極端な汗をかく病気だ。

私の知り合いにも、手に汗をかく、手掌多汗症で、消極的な気持ちになっていた。

友達と腕づもうする時、気持ち悪いと、思われるんじゃないか。自転車に乗ったとき、ハンドル握った瞬間すべる。彼女と手をつなげない。試験の時、鉛筆がすべる。テストがベタベタになる。

いろいろ、気を使っていた。深刻な病気である。

多汗症の治療は、背中にある、汗の線を手術する。手に対する汗は、改善するが、他の所に汗が、出てくる。100パーセント改善する人は10パーセントくらいらしい。

また多汗症により、汗の色が目立つことから、グレーの服が着れない。靴を履いた時靴のなかで、滑るとか厄介な病気だ。周りの人が理解が必要。試験の場合は、診断書で試験の際、ハンカチの持ち込み可能という。

手に関しては、電気治療で、手の平を軽い火傷を追わせて改善するもの、アルミニウム等の制汗剤を塗る。

根本的原因は、分からない。とにかく周りの人が理解してあげることがたいせつである。

私の知人も48歳になるが、今は、銀行員として、家庭を持ち、幸せに暮らしている。気になるけど、深刻にならないでほしい。

サイトマップ

パストリーゼ77楽天申し

込み方は必見