血圧を下げるには塩分と運動

血圧が上がる理由としてさまざまな原因がある。

その原因を取り除き正常血圧にしたい。

厚生労働省ホームページ引用

血圧を下げるには、血圧のことを知る。

日本人の高血圧の最大の原因は、食塩のとりすぎです。若年・中年の男性では、肥満が原因の高血圧も増えている。飲酒、運動不足も高血圧の原因である。高血圧は喫煙と並んで、日本人にとって最大の生活習慣病リスク要因だ。

血圧を下げるには大正製薬の血圧の高めの方のタブレット

私も薬屋を20年やってましたが、血圧の薬は飲みだしたら飲み続けないといけません。

なぜならば、高血圧の薬は治療薬ではなく予防薬だからです。
高血圧の治療の目的は、血圧の値をさげることではなく、動脈硬化によって起こる脳梗塞や心筋梗塞・腎不全などの病気を予防することなのです。
風邪薬のように、風邪が治ったからもう治療はやめるというわけにはいきません。

大正製薬の血圧が高めの方のタブレット粒タイプは健康食品の為、これで血圧が安定するならベストです。

ここから⬆️⬆️


送料無料 3袋セット 大正製薬 血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)【機能性表示食品】 30粒

高血圧とは

高血圧は、喫煙と並んで、日本人の生活習慣病死亡に最も大きく影響する要因だ。もし高血圧が完全に予防できれば、年間10万人以上の人が死亡せずにすむと推計されている。

高血圧を下げるには


高血圧自体は、過去数十年で大きく減少したが、今なお20歳以上の国民の二人に一人は高血圧です。

血圧を下げるには、運動と食事とタブレット一粒

タブレットの中の、ヒハツ由来ピペリンが含まれています。
ヒハツ由来ピペリンには、血圧低下作用により血圧が高めの方の血圧を改善し、正常な血圧を維持する機能があることが報告されています。

高血圧には本態性高血圧と二次性高血圧とがある。二次性高血圧は、甲状腺や副腎などの病気があり、それが原因で高血圧を起こすものをいいます。でも二次性高血圧を合併します。それに対し、日本人の大部分の高血圧は、それらの原因のない、本態性高血圧です。本態性高血圧は、食塩の過剰摂取、肥満、飲酒、運動不足、遺伝的体質などが組み合わさって起こると考えられています。なかでも、日本人にとって重要なのは、食塩の過剰摂取です。

高血圧を下げるには

 

日本高血圧学会の高血圧診断基準は表1の通りで、診察室での収縮期血圧(最大血圧)が140mmHg以上、または拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上の場合を高血圧と診断します。また自宅で測る家庭血圧の場合は、診察室よりも5mmHg低い基準が用いられます。

表1.成人における血圧値の分類(mmHg)[3]

分類 診察室血圧 家庭血圧
収縮期血圧 拡張期血圧 収縮期血圧 拡張期血圧
正常血圧 <120 かつ <80 <115 かつ <75
正常高値血圧 120-129 かつ <80 115-124 かつ <75
高値血圧 130-139 かつ/または 80-89 125-134 かつ/または 75-84
I度高血圧 140-159 かつ/または 90-199 135-144 かつ/または 85-89
II度高血圧 160-179 かつ/または 100-109 145-159 かつ/または 90-99
III度高血圧 ≧180 かつ/または ≧110 ≧160 かつ/または ≧100
(孤立性)収縮期高血圧 ≧140 かつ <90 ≧135 かつ <85

メタボリックシンドロームは、腹部肥満、血圧高値、血糖高値、脂質異常のうち、複数の要因が重なって動脈硬化を進行させるため、高血圧診断基準では高血圧や高値血圧に当てはまらなくても、他の要因がある場合には注意が必要です。また、肥満がなくメタボリックシンドロームの基準に当てはまらない場合でも、高血圧単独でも多くの病気を引き起こします。高血圧が進んで動脈硬化になると、心臓では狭心症や心筋梗塞、心不全など、また脳では、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害、脳卒中や認知症になりやすくなります。

血圧を下げるには予防が大切です。

大正製薬の血圧を下げるタブレットを毎日一粒3ヶ月飲んでください。時間を決めて飲むと効果的です。


送料無料 3袋セット 大正製薬 血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)【機能性表示食品】 30粒

高血圧症の予防に欠かせないのは、食塩摂取量の制限です。食塩摂取の目標は、「健康日本21(第二次)」の目標値では8g未満「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の目標量では、成人男性で8g未満、成人女性で7g未満[5]とされています。また、日本高血圧学会は、高血圧患者における減塩目標を1日6g未満にすることを強く推奨しています。
日本人の食生活は食塩が多くなりやすい特徴があります。全体的に薄味にし、かけしょうゆ、かけソースなどの習慣がある人は、つけしょうゆ、つけソースに改めるだけでも食塩摂取量が少なくなります。また、漬け物をたくさん食べる習慣のある人や、味噌汁を1日に2杯以上のむ人は、1回の量を減らすことが大切だ。ラーメンなど麺類の汁を全部飲んでしまうと、それだけで6g近い食塩をとってしまいます。そのほか、表2のような「減塩のコツ」[7]が推奨されています。

一方、野菜や果物、大豆製品に豊富に含まれるカリウムには腎臓から食塩を排泄しやすくする働きがあります。(腎臓の病気がある人はカリウム摂取の制限が必要な場合があるので、主治医と相談する必要がある。)。また、カルシウムにも血圧を安定させる効果があります。カルシウムは、牛乳や乳製品から摂取すると、より吸収率が高いことが知られています。これらを組み合わせ、無理のない減塩を長く心がけることが高血圧予防につながります。[6] [7]

 

塩分取り過ぎが、ある。人間は、血液を一定の濃度に、保とうとします。塩分を取ると、水分が増えて、血液の量がふえる。腎臓では、余分になった血液を排泄しているが、塩分を取りすぎると、腎臓の働きが、悪くなり、血管の中に血液が増え、血圧があがります。

肥満も血圧が上がる原因です。肥満は体内に塩分を蓄積し安く、体内から塩分が溶け出し、血圧があがります。

運動不足でも、腎臓機能が、活発にならず血圧があがります。たばこを吸うと、血管が、収縮しそこに血液が、一生懸命ながれようとし、血圧があがります。アルコールを飲むと、一旦血管が、開き血圧がさがるが、再び収縮し、血圧があがります。長年飲酒を続けている方は、高血圧が多いです。ストレスによって、不安、緊張などから、血管が、収縮し血圧があがります。



血圧を下げるには、塩分を控え、ダイエットし、余分な身体の中の脂肪をとり、喫煙、飲酒を控え、ストレスをできるだけ、取去れば良いと言うことです。

血圧の値、正常値、下が85mmg、うえが135mmg、病院などでは、下が90mmg、うえが140mmgです。

高血圧は、脳卒中、心筋梗塞など重大な病気も絡んできます。そんなかたは早めに血圧が高めの方のタブレットを一日、一粒3ヶ月続けてください。


送料無料 3袋セット 大正製薬 血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)【機能性表示食品】 30粒

血圧を下げる食べ物として、無脂肪ヨーグルト、にんにく、べりー、アボカド、さつまいも等あります。

健康が一番大事きよつけたい。

脳卒中とは、後遺症

 

 


“血圧を下げるには塩分と運動” への1件の返信

コメントを残す