血圧を下げるには塩分と運動

血圧が上がる理由として、塩分取り過ぎが、ある。人間は、血液を一定の濃度に、保とうとする。塩分を取ると、水分が増えて、血液の量がふえる。腎臓では、余分になった血液を排泄しているが、塩分を取りすぎると、腎臓の働きが、悪くなり、血管の中に血液が増え、血圧があがる。

肥満も血圧が上がる原因だ。肥満は体内に塩分を蓄積し安く、体内から塩分が溶け出し、血圧があがる。

運動不足でも、腎臓機能が、活発にならず血圧があがる。たばこを吸うと、血管が、収縮しそこに血液が、一生懸命ながれようとし、血圧があがる。アルコールを飲むと、一旦血管が、開き血圧がさがるが、再び収縮し、血圧があがる。長年飲酒を続けている人は、高血圧が多い。ストレスによって、不安、緊張などから、血管が、収縮し血圧があがる。

血圧を下げるには、塩分を控え、ダイエットし、余分な身体の中の脂肪をとり、喫煙、飲酒を控え、ストレスをできるだけ、取去れば良いと言うことだ。

血圧の値、正常値、下が85mmg、うえが135mmg、病院などでは、下が90mmg、うえが140mmgだ。

高血圧は、脳卒中、心筋梗塞など重大な病気も絡んでくる。

血圧を下げる食べ物として、無脂肪ヨーグルト、にんにく、べりー、アボカド、さつまいも等ある。

健康が一番大事きよつけたい。

脳卒中とは、後遺症

 

 

“血圧を下げるには塩分と運動” への1件の返信