頭痛の原因と対策

頭痛は、アルコールを飲みすぎた後、持病のように、頻繁におきるひともいる。

自分の頭痛がどのようなタイプなのか、気にする必要がある。

片頭痛、20代から40代の女性に、多くみられる。がん、がん、ずきずき、みゃくを打つような痛みが、ある。ひどくなると、嘔吐がある。

群発頭痛、激しい痛みがある。とくに、目の奥の方、目が充血、鼻水がでる。

緊張型頭痛、肩や首に、貼るような痛み、精神的、ストレスや肉体労働でもおきる。

殴られたような痛み、からの吐き気は、クモ膜下出血。

後頭部!がいたく、体じゅう痛く、38℃から39℃の熱、髄膜炎。

手足が、痺れ、意識がはっきりせず、ろれつがまわらない。脳出血などいろいろある。

片頭痛の予防として、寝不足をさけ、しっかりし食事をとる。

体操や、自分のストレス解消をする。

食材として、納豆、玄米、ヒジキは、痺れや痙攣に良いとされる。

牛、豚のレバーは血行を良くする。

片頭痛の場合、いつ頃、頭痛が、おこるのか、なにをやったら、おこるのかを、記録するといい。片頭痛の60%から70%が、ストレスからだ。

頭痛で避けたほうが、良い食材が、アルコール、赤ワイン、チョコレート、ピーナッツ等である。喫煙も控える。

ひどい痛みは、直ぐに大病院へ行く。

私は、いつも、雨の降る前や、降っている時、頭痛がおきる。天気痛といわれる。原因は、昔、3回ほど、後ろから、車で、かまをほられている。それが、原因じゃないかとおもっている。また、精神面も、関係がある。天気のときは、ポジティブになれるが、雨は、マイナス思考になる。

頭痛に良い、つぼもある。百会、頭頂部、頭の中心、てっぺんから垂直に押す。

風池、天柱、缶骨、けんせい、等ある調べてやってみるのも策だ。

脳卒中とは、後遺症