看護師転職サイトおすすめ!!!

看護師転職サイトおすすめはどれですか?

新型コロナウイルスが蔓延し、看護師は本当に大切な人です。

看護師さんには仕事を通して幸せになっていただきたいです。

薬屋として、医薬品、医療器具、医薬部外品等、看護師さんにもいろいろ紹介し喜んでいただきました。

そんな私がおすすめする、看護師転職サイトは

⬆️⬆️💞🈁から看護師転職支援サービスになります。求職者(看護師)が仕事を探す際に、求人情報を見て申し込むのではなく、
看護師が求める条件をもとに、1万件以上保有するクローズド案件情報の中から事業所(病院・福祉施設)などを探し出し、マッチングさせ、事業所(病院・福祉施設)などに求職者を紹介するサービスです。

設立して5年程度で、5名程度の小さな会社ではございますが、求職者への仕事の相談や取り組み方などをコツコツと指導し、丁寧なマッチングには自信がございます。また、創業してこれまでは、利用して頂いた方の口コミのみで、成長してきました。そのため、実質クレームや苦情は1件もありません。
求職者(看護師)に合った連絡方法など、大手紹介業者ができない柔軟に細かな対応をすることで、満足頂いております。

看護師転職おすすめサイトは若い人希望

 
資格があれば年齢を重ねても長く続けられる、看護師の仕事。いくつになっても転職はできます。そんな中でも転職に最も有利なのが、若い20ダイです。ではなぜ転職するなら20代がいいのでしょうか。今回の記事では、20代の転職が有利な理由、採用されやすい20代の方の特徴、20代の転職理由で多いもの、志望動機の伝えかた等、転職は若い方が有利なのは事実です。

20代の看護師は転職で有利?

転職活動において採用されやすいのは、20代の看護師だと言われています。

では、なぜ20代の看護師が有利なのでしょうか?

体力があるから夜勤ありの病院では重宝される

看護師の仕事は体力が必要。やはり若手看護師のほうが体力的に有利なので、採用においても優先されやすいのです。

夜勤がある病院の場合はなおさら。

生活のリズムが崩れやすいので20代のほうが重宝されやすいですし、30代以上の方は家庭を持っている方が多く、子育てとの両立もあって夜勤対応ができないこともあります。

体力面を考えると、やはり20代のほうが採用しやすいというのが病院側の本音です。

💞⬆️💞🈁から

しかし若手の看護師が少ない病院を選んでしまうと、肉体的負担の大きい仕事がすべて自分に回ってくるケースもあります。

事前に病院見学を済ませて、年齢の近い看護師がいるかどうかも確認しておきましょう。

未経験の職場にも適応しやすい

診療科目などが違うと、一から学ぶ必要があります。

30代、40代と年齢と経験を重ねると、考え方が凝り固まりやすくなったり、新しいことに対応できなかったりします。

指導のしやすさや学習意欲、吸収力の高さなどを踏まえても、20代は未経験の職場・科目に対応しやすい年齢です。

新しい環境でも一から勉強する意欲があるとアピールすることが重要です。

長く働いてもらえる可能性が高いから人気

20代の方であれば、定年まで30~40年ほどいろいろな経験が積めます。

採用後、将来にわたって長く働いてもらえる可能性が高くなります。

看護師の場合、採用してからの教育コストも高くなるため、病院側としては長く働いてもらえる人材は貴重です。

今後も長くこの病院で働きたいとアピールすることで、採用を有利に進めることができます。

採用されやすい20代看護師の特徴

20代であれば全員が無条件で採用されるということでもありません。

では、どんな方が採用されやすいのでしょうか。今回は4つの特徴を挙げてみました。

向上心がある

どんなことでも前向きに取り組み、学習意欲があり、新しいことにも挑戦していく。

そんな向上心がある方は、20代でも評価されやすいです。

向上心があることを採用担当者に伝えるためには、これまで前向きに仕事・学習に取り組んできた経験や、現在勉強していることなどを伝えるのがベターです。

20代の転職でこれまでの経験や実績が求められることは少ないです。面接では今後の将来性をアピールしていきましょう。

病院の近くに住んでいる

勤務時間が変則的な仕事なので、病院の近くに住んでいるほうが通勤の負担が少ないというメリットがあります。

病院側にとっても、交通費の支給額を抑えられたり、急な勤務にすぐ対応してもらえたりという期待から採用しやすさにつながります。

また職員寮を用意している病院もあるので、応募する前に福利厚生等チェックしておきましょう。

コミュニケーション能力が高い

看護師は、同僚の看護師や医師、また患者やその家族などとコミュニケーションを取ることが多い仕事です。

知識や能力に加えて、コミュニケーション能力は必ず見られるポイントです。

コミュニケーション能力は主に面接などの場でチェックされます。自分のことを一方的に話すのではなく、相手の話に耳を傾けられるか、会話のキャッチボールが出来ているかという点を見られています。

最近では面接でも自然体な会話を取り入れている病院も増えてきているので、過度に緊張せずに臨みましょう。

前の職場を退職した理由に整合性がある

採用担当者は、なぜ転職したのかを厳しくチェックしています。

明確な理由もなく転職していたり、ネガティブな理由で転職していたりという方は、たとえ採用してもすぐに退職してしまうリスクもあります。

転職活動の際は、前向きで整合性のとれた転職理由をきちんと語れるように準備しておきましょう。

また前職を退職した理由が、たとえ病院側の責任であったとしても、一方的に病院を悪く言ってはいけません。

前職のことを悪く言う看護師は、採用する側としてはリスクを感じてしまいます。

事前に退職理由をまとめておき、なるべくポジティブに聞こえるように言い換えておきましょう。

20代の看護師に多い転職理由

では20代の看護師たちは、どんな理由で転職しているのでしょうか?今回は、特に多い4つの転職理由について解説します。

人間関係でのトラブル

転職理由で最も多いのが、人間関係のトラブルです。特に看護師間の人間関係に悩む方が多いようです。

先輩に満足に指導してもらえず、パワハラやモラハラに近い扱いをされてしまう方。

陰口や悪口を言われ、職場にいづらくなってしまった方。女性同士のコミュニケーションに適応できず、疎外感を感じてしまう方。

様々な理由で人間関係に疲れてしまうことが多々あります。

20代の若手の看護師は、同年代だけでなく先輩や上司との折り合いがつかないケースが多いです。

指導する先輩看護師側にも責任はありますが、教えてもらう立場として、ぐっと我慢することも大切です。

もちろんパワハラ・モラハラ・セクハラの被害にあったときには、上司に相談し、改善されなければ転職を検討しましょう。

結婚や出産などでライフスタイルが変わった

結婚や出産を経ると、働き方を変えざるを得ないこともあります。

例えば育児との両立のために夜勤や休日出勤ができなくなったり、夫の転勤のために職場を変えなければならなかったりします。

こうしたライフスタイルの変化に柔軟に対応してもらえる病院であれば良いのですが、必ずしもそうはいかないため、結果的に転職しなければならない方も多いようです。

将来的な出産を想定して転職する際にも、必ず転職先の育児支援制度は確認しておきましょう。

最近では院内保育園のある病院など、共働きの家庭を応援する病院も増えてきています。

育児支援が充実した病院へ転職したいのであれば、総合病院など規模の大きい病院への転職も検討しましょう。

夜勤など激務に耐えられなかった

看護師の仕事は、他の仕事と比べても激務です。

勤務時間の長さや不規則さに加えて、仕事そのものが大変ですし、病気の患者様と接する中で精神的な負担も大きくなります。

こうした環境に耐えられずに病院を離れていく方は少なくありません。

看護師だからといって、必ず夜勤をしなければならないわけではありません。

クリニックの看護師等であれば、夜勤なしで働くこともできるので、諦めずに自分に合った働き方を探していきましょう。込まれなかった

看護師として長く働いていくからには、キャリアアップを目指したいところ。

しかし、上のポジションが詰まっていてキャリアアップが見込めなかったり、昇格や昇給に期待が持てなかったりという職場もあります。

特に管理職のポジションは、前任が退職しなければなかなかポストは用意されません。

一生看護師として働くのであれば、早めにキャリア制度の整った病院へ転職することも大切です。

専門看護師や認定看護師など、資格取得支援制度もある病院であれば、やりがいを持って仕事に取り組めるでしょう。

20代看護師が転職を成功させるコツ

上手に転職活動を進めるためには、コツを抑えることが大切です。

特に重要なのは、『転職理由をポジティブに伝える』ことと、『新卒で入職した病院はすぐに辞めない』ということ。以下で詳細に解説していきます。

転職理由をポジティブに伝える

転職の理由は人それぞれ。「キャリアアップしたい」「もっとスキルや知識を身に付けたい」といった前向きなものから、「激務に耐えられない」「人間関係が良くない」といったネガティブなものまで様々でしょう。

転職活動においては、ほぼ必ず「なぜ前職を辞めたのか」を確認されます。そしてその理由がネガティブなものだと、採用をためらわれてしまいます。

例えば「激務に耐えられない」という転職理由なら、「ウチでも同じように耐えられずに辞めてしまうだろう」と。

そう思われてしまうと、採用の可能性は低くなってしまいます。

だからこそ転職理由は、ポジティブに伝えるのが鉄則。たとえ実際はネガティブな転職理由であっても、伝え方を工夫することでポジティブに見せることが大切です。

ではどうすればポジティブに見えるのか、実際の伝え方を、実例を交えながらご紹介します。ぜひご自身の状況も踏まえて、アレンジしながら使ってみてくださいネガティブな伝え方
残業や夜勤が多く、仕事の大変さに耐えられずに退職をしました。人手不足が続いていたこともあって仕事量も多く、体力的にも長くは続けられませんでした。

▽ポジティブな伝え方
看護師として1つの病院に腰を据えて、長く働く中でスキルを磨いていきたいと考えています。前職では、業務には満足していましたが、残業や夜勤の多さから、将来まで長く働けるイメージが持てませんでした。そこで、10年、20年先を見ながら働ける病院を探したいと転職活動を始めました。

ネガティブな伝え方
職場の人間関係に疲れて退職しました。陰口や悪口が多く、先輩の面倒見も良くないことから、退職する方は多かったと思います。私も徐々に疲れてしまい、転職しようと考えました。

▽ポジティブな伝え方
私は看護師という仕事に集中し、勉強してキャリアアップしていきたいと思っています。しかし前職は看護師間の人間関係が良くないこともあり、残念ながら仕事やスキルアップに集中できる環境ではありませんでした。そこで、もっと前向きに仕事に取り組むことができる環境を求めて、転職活動をはじめました。

ネガティブな伝え方
頑張っても給与が上がらず、待遇も悪かったので、もっと給与が高いところで働こうと思い、転職しました。

▽ポジティブな伝え方
給与が全てではありませんが、スキルや知識を伸ばすことが、給与や待遇に反映される勤務先を選びたいと思っています。

私は20年、30年先も看護師としてキャリアアップしていきたいのですが、その頑張りをきちんと評価されることはモチベーションにもつながります。

新卒で入職した病院はすぐに辞めない

すでに転職してしまった方は難しいかもしれませんが、新卒で入職した病院を簡単に辞めないことも大切です。

転職には様々な理由があります。中には、どうしても転職しなければならないような事情もあるでしょう。

とはいえ、新卒後すぐに入職した病院を辞めてしまったという事実は、採用担当の面接官にはネガティブに取られてしまいます。

「うちに入職しても、すぐに退職してしまうのではないか」
「忍耐力がない人なんじゃないか」
「まわりと上手くやれるのか不安…」

そんな風に思われてしまうと、転職活動においては不利になってしまいます。

新卒で入職した病院から転職を考えている方は、こうしたリスクがあることも踏まえ、できれば数年は頑張ってみたほうが別の病院への転職活動は有利に進められるかもしれません。

初めての転職には看護師転職エージェントがおすすめ

転職活動をする際に欠かせないのが、転職サイトや転職エージェントなどのサービスです。

特にオススメなのが、転職エージェントです。

転職エージェントとは、転職者と病院との間に立って、転職活動をサポートしてくれるサービスのこと。

あなたの代わりに求人を探してくれたり、履歴書・職務経歴書を添削してくれたり、面接日程を調整してくれたり、入社時の条件交渉をしてくれたりと、幅広く手助けしてくれます。

仕事をしながらだと、忙しくて満足に転職活動ができないことも…。

だからこそ、こういったサービスを活用することで上手に転職活動を進めることがポイントです。

フォローの手厚さや求人数の多さなどを見ると、いずれも業界トップクラス。

これから転職活動をはじめようと考えている看護師の方であれば、まず登録しておきたいサービスです。

初めての転職でしたので、アドバイスが欲しくて転職エージェントに登録しました。看護のお仕事は、求人数が多かったのもあって最初に登録しました。アドバイザーの方がすごく親身に相談に乗ってくれて、それぞれの応募先への志望動機なんかも一緒に考えてくれたので、本当に助かりました。

 

⬆️⬆️⬆️💞🈁から

💞看護師転職サイト人気はこれだ!!(良い条件を選ぶ)

 

“看護師転職サイトおすすめ!!!” への2件の返信

コメントを残す