オスグッドについて、痛み、治療

オスグッドについて、痛み、治療を体験をまじえて発信する。

オスグッドは、足のお皿の下の骨が突き出てくる病気だ

休んでいる時は、いいがまた、スポーツをはじめるといたくなる。

オスグッドは過度のトレーニングによるスポーツ障害だ

。私自身もオスグッドで苦しんた。小学校6年生時点で、144センチメートルしかなかった。背の順も前から数えたほうが早かった。中学2年4月、突然足特に、膝の辺りが痛くなった。寝る時も足膝したに、激痛が走る。ある時膝下を見ると骨がとびだしていた。

今では、だいぶんおさまっているが、かなり飛び出していた。中学2年4月から3年6月までで、身長30センチメートルのびた。

その期間、とくにのびきる中盤の時期は歩くのもままならず、階段も友達にかたをかしてもらい登ったりしていた。友達には本当に感謝している。

病院では、椅子に座り、膝下のでっばった骨をおした。めちゃくちゃ激痛。

子供の10歳から15歳頃、ボールを蹴ったり、飛んだり、激しい運動をすると、オスグッドは、おきる。

息子も、スポーツでトレセンに選ばれるくらい活躍してたが、小学6年生でオスグッドになり、上手く動けなくなった。スポーツ選手は、故障との闘いだ。

大腿四頭筋は、膝皿下の部分を引っ張り上げる運動を繰り返す、10歳から15歳は柔らかい骨から硬い骨に変わる時期で骨が飛び出てくる。

オスグッドについて、痛み、治療として硬くなった筋肉をやわらげる。ストレッチをしっかりやる。等のケアが必要。

オスグッドは、成長期が止まると治ることがおおい。

痛みがある時は、練習や運動を控えること。熱を持ったら、氷袋でアイシングしたり、シップなどをはること。

激しい運動を3ヶ月から6ヶ月すると、痛みや熱が出るため、休んでアイシングや、シップ、オスグッドにベルトをすると良い。

陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケット、バトミントン、ジャンプ、ダッシュ、キック等の運動をすると、オスグッドが酷くなる。

オスグッドについて、痛み、治療をほっておくと、

初期であれば、完治するものを、ほっておき運動を続けたり、治療をしないと、変形し、一生スポーツのできない体になったり、歩行困難になるので怖い病気だ。

オスグッドの治療は、

テーピング

オスグッドバンド

ストレッチ運動、筋トレ

アイシング

低周波等

湿布、ステロイド注射などがある。

はじめは、接骨院より、整形外科に行ったほうがよい。改善しなければ、病院を変えたほうがよい。

私も経験あるが、大事な試合前で、これからという時に、オスグッドになる。親も、子供も焦りはきんもつである。

オスグッドが女子より男子に多い理由は、女子は筋肉が柔らかいからである。

女子がオスグッドになると完治まで時間がかかると言われている。

筋肉が女子は、弱い為、どうしても、治りが遅くなる。

自分の子供は、近所にオリンピックにスポーツトレーナーとして同行経験のある接骨院の先生に見てもらったが、毎回皿下の突出した部分をぐうっと抑える治療だった。それはものすごく痛い。後は、湿布をはる。

成長期の間や、スポーツをやっている期間、中学から高校3年生まで何か知らない膝の痛みはあった。

プロを目指す人は一日も無駄にはできないと思うかもしれないが、悪くなり過ぎると歩行困難にもなる病気なので、おかしいと思ったら、練習も調整し、治療したほうがいい。

オスグッドの治療費は、地域によって違うが、保険が使えるところは、子供の場合無料になる場合があるが、大人の場合、高校以上の場合初診2000円、次から4000円と言う場合がある。

治療する場合、その専門医院の口コミや噂を調べて行ったほうが良い。

オスグッドについて、なる子供、ならない子供がいる。その違いは、なんだろうか。

今、食事が欧米化している。若いひとたちは、電子レンジで簡単に食べるものや、カップ麺等をこのんで食べる。

スイカやトマト等からだを冷やす食材が年中食べれるようになり、若い子供は、年中体を冷やしている。

ご飯、焼き魚、納豆、卵焼きなどは食べず、コーンフレーク等ですましている。

オスグッドになった後急激に、身長が伸びるといわれている。そんな時期に栄養が、不足すると、オスグッドも悪化する。

骨と言ったら、カルシウム、タンパク質等、人間の体の60から70%が水分20%がタンパク質、5%が炭水化物でできている。

タンパク質は、血液、骨、爪、皮膚、免疫力、ありとあらゆるところに必要なものだが、成長期に不足すると様々な病気を引き起こす。

栄養のかたよりなくしっかり食べたい。親としては食べさせたい。

オスグッドについて、睡眠との関係は、何。

人間が寝ている時、レム睡眠、ノンレム睡眠、深い眠り、あさい眠りを7から8時間の間繰り返す。

深い眠りの際メラトニンという成長ホルモンが体の細胞を回復させてくれる。

不規則な生活や食事は、オスグットに深く関係しているようだ。

 

“オスグッドについて、痛み、治療” への1件の返信

コメントを残す