髪の毛を伸ばす方法

髪は、男性も、女性も気になるものである。私が、髪を伸ばす方法を伝授する。

髪は、男性は、一日1センチメートル伸びる。女性は1.3センチメートル伸びる。それは、男性ホルモンが多いと陰毛、脇毛、体毛が濃くなるが、逆に女性ホルモンがよく分泌されると頭の髪の毛が伸びやすい。

女性ホルモンを食事から摂取すれば髪に良い影響がでる。

女性ホルモンは、女性らしい体にしてくれ、ふさふさのきれいな髪にしてくれる。

女性のホルモンで代表的なのがエストロゲンとプロゲステロンで髪に関係があるのがエストロゲンである。

髪の毛を伸ばす方法でエストロゲンは、卵巣から分泌されるが、年齢を重ねるにつれ、エストロゲンが減少する。更年期付近の女性は、薄毛の人が多くなる。

女性ホルモンを正常にぶんぴつさせるには、ストレスを貯めずに、栄養のバランスの良い食事をし、適度な運動を心がけることである。

ストレスを取るには、カラオケで大声で歌うとか、歌っている時に悩み事を、悩みながら歌う人はいない。スポーツをすると良い。ボールを打つ際悩み事を考えながら打つ人は、いない。打つ際は無である。そんな感じで嫌な感情を忘れられる趣味やだったり何かをみつける。

髪の毛を伸ばす為の食事は、

大豆、イソフラボンを食べる。大豆は、エストロゲンに似たホルモンを補ってくれる。また過剰になったホルモンも、正常にしてくれる。

エストロゲン、女性ホルモンも過剰になると、子宮筋腫や、子宮内膜症、乳がん、子宮がん等病気の原因になる場合がある為注意がひつよう。

ビタミンEが豊富なアボカド、アーモンド、ブロッコリー等、エストロゲンを分泌する卵巣の働きを助けてくれる。ビタミンEは、ホルモン調整作用の他に、血行促進、抗酸化作用がある。抗酸化作用とは、りんごを輪切りにして、ほかって置くと茶色くなる。それが人間の体でおこっている。それを防いでくれる。

筋肉を下半身につけることは、ホルモンの分泌に良い。ビタミンB6は、筋肉をつけるのを助けてくれる。アボカドとブロッコリーをわさびで炒めて食べるととてもさっぱりしておいしい。

欧米人の髪の毛は、細く
て、量がある。日本人の髪は、太いイメージがある。髪は、一日に50本から150本近く抜ける。200本以上抜けるひとは、精神的悩みをかかえている。

私は、どちらかと言うと、太くて髪の毛はうすいほうで、なおかつ額も広いため、高校時代からよく頭をマッサージし、トニック類などを使った。

47歳になるが、中学、高校の同級生も、頭の毛が全てぬけてしまったひともいる。高校時代。髪ふさふさで、女の子から、モテモテだった友人も髪の毛がぬけてしまった。髪はストレスが一番のてきだとおもうが、髪の毛をあるか、ないかを気にするのは、日本人くらいかもしれない。ハリウッド映画俳優もカッコいいはげがいる。

髪の毛の根本、毛乳で細胞が増え髪の毛となる。毛穴が不衛生だど、毛穴がつまり髪が上手くそだだない。

髪は毛根から、2本、3本くらいではえている。その根本に、脂がたまりやすい。それがつまると髪の毛がはえずらくなる。

紫外線に当たったり、パーマをかけたり、染めたり、ドライヤーをかけたりすると、髪の毛を守っているキュウティクルが壊れて、髪の毛がパサパサになったり、枝毛が多くなる。

 

“髪の毛を伸ばす方法” への4件の返信

コメントを残す