健康診断、癌かそれとも

会社の健康診断は、バス3台が駐車場にとまりおこなわれる。

レントゲン

バスのなかで、シャッになり、カメラの前で直立になり、空気を吸い込み止めた瞬間写真を撮る。

心レンズ

バスのなかに、ベッドがあり、横になり、吸盤のようなものを、胸に貼り、心臓をみる。

尿検査

紙コップをわたされ、トイレに行き尿を入れる。尿のいろ血糖値を見てもらう。同時に体重、身長測定もする。

MR

バスの中で、バリュームを飲み、粒状の炭酸を飲み、機械に入る。機械が遊園地の乗り物のように回転しさつえいする。

視力検査、血圧測定、聴力測定、血液採取、最後に先生に問診をしてもらい終了。

事前に検便用に便を持参する。

私は、私は毎年、D2である。Aが良く、D2はかなり悪い。メタボリックシンドロームである。

アメリカでは、肥満、糖質、高血圧、高脂異常が死の4重奏といわれている。

便の潜血検査で二年連続、プラスでめんどうだが、病院に行き内視鏡検査で、肛門から15センチメートルのところに2センチメートルのポリープがあった。

40過ぎると、家族があり、責任ある立場のひとが多いと思うが、体がおかしかったら、病院へ直ぐに行くこと。

“健康診断、癌かそれとも” への2件の返信

コメントを残す