視力回復

双子が妻のお腹に身籠り心配した。五体満足でこの世に生まれるだろうか。妻は、無事に出産できるのだろうか。双子の場合自分の感覚で、上手く生まれてくる可能性が50パーセントになるんじゃないかと思っていた。

そんなことを思いつつ、もうすぐで出産というところで、百貨店に買い物に行く途中、車の中で大喧嘩になってしまった。

喧嘩の理由はわからないが、興奮して車から降りてしまった。この時一生の後悔になってしまった。何故、出産前の妻のわがままを聞いてあげれなかったのだろう。器の狭い人間だと後から反省した。妻は、双子をミゴモリ、そのお腹をかかえながら、百貨店2キロの道を歩き始めた。歩いてる途中、途中、怒りながら歩いている妻をなだめながら、車を止めたが、一向に車に乗ろうとしない。そうこうしているうちに、百貨店にたどり着いた。そこで妻を車に乗せ、アパートにもどった。

戻って、妻がトイレに入った瞬間、妻の叫び声が聞こえた。破水した。破水すると胎児に細菌が、はいる恐れがある。急いで、市民病院に電話をし、市民病院へ向った。

緊急出産となった。妻は、手術室入り、とにかく無事に生まれてほしいと願った。

看護士さんが、手術室からあらわれ、一人が危険な状態と言われた。とにかく健康にいてほしい。

神様お願いいたします。そうなったら、自分が、金持ちだろうか、社長だろうか、スーパースターだろうが関係ない。もうお願いのみ。

双子は、四角い透明な箱に入ることになった。心配した、手は動くのだろうか、声は出るのだろうか。目は見えるのだろうか。子供が障害が分かるのが、小学生になったくらいにきづくこともあるらしい。

双子の体重は、1600グラム、1700グラム、安産で生まれた長男3700グラムと比べると半分。その頃になると腹をくくる。どんな子供も自分の子供、何もかも自分の責任だと。

双子が帰ってきて、一番は子育ての大変さをりかいした。双子たがら、子育ても2倍以上の労力がいる。妻もノイローゼ気味になり、いらいらする。今の少子化問題、虐待問題良くわかる。戦争後の我出来た人、今の人は、我慢ができないのだ。

子育てはいいこともあるが、我慢の連続だと思う。てまをかけた分、愛情もうまれる。

双子が帰ってきて一番心配したのは、視力だった。俺は、二人が寝ている時、ペンライトで瞳孔がひらくかどうが調べた。

二人とも目の瞳孔は開いたり、閉じたりした。安心した。今現在双子は、中学生だが、視力が弱くメガネをかけている。

ヘルペス、唇

サントリー極の青汁飲まないと損する理由は

 

 

コメントを残す