心から強くなる方法を使って人生を幸せにする

人は、心から強くなれば、どんなことにも前向きに長くチャレンジできる。

心から強くなる方法を伝授する。

ひとは、怒ったり、泣いたり、笑ったり、おちこんだりする。

また、恥ずかしい思いをしたり、頭がおかしくなりそうな時もある。そんな時に心が強ければ困難、辛いことも乗り越えられる。

心から強くすれば、体も強くなり、頭も賢くなる。何事も長く続けられる心。苦難を乗り越える心。修行に耐えられる心。原因を追求する心。心から強くすれば全て強くなれる。

心から強くなるには、いろいろな誘惑をはねかえさなければならない。

宝くじに当たって有頂天になる。

ギャンブルに負けてお先がまっくらになる。

みんなの前で恥ずかしことをしてしまい動揺する。

褒められてまいあがる。

嫌いな人から悪口や陰口を言われ腹をたてる。

不幸なできごとがあり、やる気をなくす。

人間は、このような出来事に心を奪われて達成できないでいる。

心から強くする方法として、笑われようが、けなされようが気にしない。

私も、デブで100キロあったが、ダイエットをすると決め、マラソン、食事制限するよう心がけた。

走っている時は、友人から豚が走っているとわらわれ、食事中は、親から、どうせ続かないだろとけなされた。しかし6ヶ月で30キロ落とした時には、周りの目も良くなった気がし、私自身も心が強くなった気がした。

心から強くする為、周りから何を言われようが気にしない。

世の中のすごい人、有名な人は、自分の信じた道をなにがあろうが突き進む。

イチロー選手の話は、どれをとってもすごいが、高校時代、野球の練習の際、部員が嫌がる、幽霊が出ると言う場所で、一人で練習してたと言う。イチロー選手も今となっては、すごい人だが、結果をだすまえは、凡人である。

人は、はじめから自分には才能が無いから駄目だ、凡人だから駄目だとやる前、やる途中にあきらめてしまっているところがある。ある人の話で、一本の太い木があり、木こりが毎日、死にものぐるいで、木に斧を打ちつけるがいっこうにたおれない。春がきて夏がきて、秋がきて、冬がきて、ようやく太い木を倒すことができた。倒すことができた原因は、諦めなかったことと、木に向かっているうちに、木こりとしての力と技がついたからだ。

心から強くする方法として、昔から出る杭は打たれるという。

仕事場でも若くて、才能があり、やる気があると周りの先輩や同僚からは、嫉妬から、悪口、や嫌がらせを受けるというのは、よくある。

自分が手柄を立てたことなのに、実は、他の人がやったことで、それを横取りしたと、ネモ葉もない噂をたてられることもあるかもしれないが、そんな周りの嫉妬や言葉は、気にする必要はない。

心から強くなる方法として、失敗をして人間は、成長すると思うこと。

最近やっていたドラマも、陶器づくりを成功させたい陶芸家が何回も何回も焼いて、旦那に逃げられようが、借金しようがつらぬいて、成功させた話があったが、あれといっしょで、成功を手に、するには、失敗して、なんで失敗したかんがえて、工夫して、チャレンジしてを何回も繰り返し手に入れるものと成功者は言う。成功するにはある程度の反対や失うものも出るかもしれない。それでもやりとげると言う強い心が必要。またやりとげた時には強い心がついている。

心から強くするには、断固として、自分の思いを伝える。

心から強くするには、けんか、いいあいも必要。職場での悪口の際、そんなことを聞いた時には断固としてこうぎする勇気がひつよう。その人と一生くちをきかない勇気も必要。

心から強くする方法として想像で物事を実行しない。

人間、想像の中から発展してきたということもあるが、想像する事によって不安がおきる。

妻は正社員で働いているが、8ヶ月前、バリバリできる女性の上司が赴任してきた。それから妻は、私に合うたび、私、会社辞めさせられるかもしれないとしょっちゅう言うようになった。それから8ヶ月たつが辞めさせられてないが妻の言うことは変わらない。

その女性の上司が危機をあおっているのか、妻が妄想が強くやめさせられる想像をしてしまっているのかどっちかだ。そんな上司の下ならいつかは病気に、なってしまうので辞めて違う仕事探したらとも言っている。

何かをする時に、地震がおきたらどうしようとか、失敗したらどうしようとか考える必要はない。自分のやるべき事に集中するそれが大事。

何も持っていないから、心から強くなれる。

私は、貧乏な家で生まれたからできない。体力が無いからできない。学歴が、ないからできない。とやる前から言い訳を言ってやらない人がいる。

何も無いから、すごいパワー、ハングリー精神がわいてくる。ハリウッド映画にボクシングの映画がよくあるが、全てがすごい貧乏からはい上がってチャンピオンになる。映画が多い。コンプレックスがある人ほど貫く力があると思われる。

さんまちゃんも生まれただけで儲けものという。生まれておむつをはかせてもらっただけ得を下、と言う前向きなさんまちゃんの考え方だ。そんな前向きだから明石さんまさんは、お笑いの世界で成功したのだろう。

心から強くする方法として、今やる事に集中する。

今、やる事に集中する。くよくよ悩まない。先のことを考えすぎない。昔のでき事にとらわれない。

スポーツの世界でもZoonに入るという人がいる。あれは、テニスの世界で言えば、ボールがスローモーションに見え、相手の動きが予測でき、何をやっても上手くいく状況。心が無で、集中し、マイナス的な事を考えない。強気の状況になるものだ。

スポーツは、心から強くするには最高だと思う。ボールを打つ瞬間、あの人が嫌いとか、明日会議でとか、地震がおきたらとか考えない。ストレスを取るにも良いと思う。

心から強くする方法としてあまり考えすぎない。突き詰め過ぎないことが大事。

例えば、夫婦で妻の友人へのプレゼントを買いに行ったとする。妻はあれも良いし、これも良いしと悩みます。夫も最初は、これがいいんじゃないか、それがいいんじゃないかとアドバイスするがお互いだんだん疲れてきてけんかしだす。なんでもバランスが大事。じつは人生にはこれだという正解がない。よく考えることは、大事だが突き詰めすぎないことも大事。

心から強くする方法として、第三者を想像する。

悪い自分、良い自分、その2人を見ている第三者をつくることが、いつも冷静に心を保つことができる。

心から強くするには、声を出して気合を自分に入れる。どんな場合も、周りの熱気に飲み込まれ緊張し、手足が震えたり、喉がかわたり、声が出なくなったりする。そんな時にいつもより大きな声を出し場の空気に飲み込まれないようにする。声を出して自分のペースにもっていく。

呼吸を整える為、腹式呼吸をする。ヨガや太極拳も呼吸を大事にする。呼吸を整えると、人間の自律神経、副交感神経を整え、体に良い効果がでる。

心から強くするには、腹式呼吸、深呼吸をして心を整える。

心から強くするには、自分に言い聞かせる。

鏡に自分の顔を浮かべ、私はできる。私は負けない。世の中の大半が上手くいかない、失敗から学んでいく。等、心理学的にも自分の顔を鏡に写すことは、心を落ち着かせる効果がある。

心から強くする方法は、イメージトレーニングする。

スポーツの世界でもイメージトレーニングは大切だ。試合の最初から最後までイメージし、緊張をとき、試合で勝てる状況に心をもっていく。

想像で緊張する場面を思い浮かべるその中で自分が100%以上のパフォーマンスができているとイメージする。

特に大切なのが自分の心がガチガチになり、いつもと違う場面を想像し、トレーニングするということ。大事な商談の場面だとすると、課長と商談のはずが、いきなり社長が入って来たとか、商談資料を忘れて来たとか、何でもそうだが事前に準備されていれば、逆に楽しみに変わってくる。

心から強くする方法は、ありのままの自分でいくことが大事。

立派に見せようとしない。賢そうに見せない。笑いをとって場をなごませる。お世辞を言ったり。ごまをすったりしない。

姿勢をただして、自分らしく準備をしてチャレンジを繰り返せば自然に、心から、強くなっていく。

人の心理をしぐさで知る

 

方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“心から強くなる方法を使って人生を幸せにする” への2件の返信