中耳炎、チュウブ 経験談

  • 中耳炎から耳へチューブをいれる。

  • そこから難聴になる子供がいる。

    • 音が耳に入ってから脳に伝わるまでのどこかの段階で障害が起こり、音が聞こえにくくなったり、まったく聞こえなくなったりする症状。

      音が聞こえにくい、言葉が聞き取りにくい、あるいはまったく聞こえないといった症状のことをいう。

      耳の構造は、「外耳」(入り口から鼓膜までの部分)、「中耳」(鼓膜、耳小骨[じしょうこつ]、鼓室[こしつ]と乳突蜂巣[にゅうとつほうそう])、「内耳」(さらに奥の蝸牛[かぎゅう]と三半規管などがある部分)の3つに大きく分かれている。
      外耳と中耳は音を伝える役割をしており、内耳は音を感じて脳に伝える役割をしている。これらのどこか、あるいは大脳の聴覚中枢に障害が起こると、難聴を発症している。

      難聴は、外耳と中耳の障害によって音がうまく伝わらない

      子供をやる気にさせる言葉 褒め方 方法

       

      「伝音難聴」と、内耳や脳に問題があり、音をうまく感じ取れない「感音難聴」の2種類に分けられる。

      • 伝音難聴:中耳炎や外耳炎、耳硬化症、耳あかの詰まりなどによるもの
      • 感音難聴:加齢性難聴や突発性難聴、ヘッドホン難聴などの音響性難聴、騒音性難聴、低音障害型感音難聴、メニエール病など

      難聴の診断は、各種の聴覚検査や画像検査などによって、障害されている場所や原因疾患を特定して行われる。

      どうして、耳へチューブをいれるのか

      鼓膜の奥の中耳にうみがたまると耳が痛くなる。不機嫌になったり夜泣きすることもある。また熱が出ることもある。膿がたまる原因は、風邪を引いて鼻やのどに炎症がおきて、細菌が耳管を通って中耳に入ってくるためと考えられている。また最近、抗生物質が効きにくい菌(耐性菌)が増える。いろいろな治療をしても急性中耳炎を繰り返す場合(反復性中耳炎)、チューブを入れることにより中耳の炎症がよくなり、中耳炎になりにくくなる。
      もうひとつ、膿でなくても水(滲出液)がたまったままで抜けず、聞こえが悪くなる場合がある。(滲出性中耳炎)。この場合もチューブを入れると空気の出入りがよくなる。

      心から強くなる方法を使って人生を幸せにする

       

      私の子供がチューブをいれた時

       

小学低学年ころよく耳の中が痛くなった。寝ていて耳を触ると水のようなものがあふれてきた。耳鼻科へ行き耳をみてもらい治療した。同じように3人の子供がいるが、3男が反復せい中耳炎になった。鼓膜の中が炎症がおき、膿がたまるとものすごく痛いらしい。5歳、から7歳、くらいまで通っている、耳鼻科の先生がチューブをいれたほうがいいと言われ、入院し手術することになった。手術は全身麻酔をし、鼓膜にチューブをいれ炎症が起きた際、膿を出すと言うことだ。自分のことならいいが子供は心配だ。手術室から3時間くらいで息子は戻ってきた。先生がきて無事成功したということを聞かされ、ほっとした。それからは息子は耳の痛みを言わなくなったが、毎年ある水泳には水の中にはいるだけで、泳ぐことはできなかった。中耳炎が自然に良くなりチュウブが自然にはずれる人もいれば、手術しないと取り出せない人もいる。5年たち息子は中学生になり風邪をひいた。チューブをいれることをすすめてくれた先生のところに診察にいった。そこで先生が息子の耳を見た時チューブがないと言い出した。チュウブが鼓膜のなかに入って、しまったのだ。翌日学校を休み手術をしてくれた。大病院の先生のもとに行った。先生がいうにはまれにあるそうだ。先生は診察しよく見てくれた。その先生は腕が良くしっかり診察してくれた。チューブははずれておらず、耳のゴミのなかにうもれていたのに気づいてくれた。息子は手術せずにすんだ。息子は水の中に潜れない為、首を上げてのクロール、平泳ぎをおしえた。それでもプールの水のしぶきで耳がおかしそうだった。そういう子供用の耳栓または防具を開発したら売れるんじゃないかと思った。反復せい中耳炎はとにかく風を引かせるとやっかいだ。そこらへん100パーセントはむりでも予防したい。前職で登録販売士のしかくをとったが、風の感染は手からの感染が多いらしい。ノロウイルスは、空気感染だ。双子が赤ちゃんのとき、上から下から、はいたり、出したり、ひどいものだった。双子だったためゆりかごを二つ用意し、なかに赤ちゃんを寝かせ片方が泣いたら、揺らして寝かし、もう一人泣いたら揺らして寝かし、同時に泣くことはなかった。男ながら寝不足で会社に行っていた。風をひくと目から目やにが、出てそれを取ろうと結膜炎になりくしゃみがひどくなると耳に負担がきて中耳炎になったり下痢をし続ければ肛門が荒れたり、風は万病のもとだと確信した。

子供の場合は原則的に、全身麻酔(入院)の上でチューブを入れる手術をしなけらない。また、チューブを入れることでチューブ脱落や感染が懸念される。 チューブの穴と周囲に耳垢が付着している。 さらにチューブの穴やチューブの周囲に耳垢が溜まることにより、チューブの機能を果たさなくなっていることも多々ある。そのために一度入れると、一見、ケアフリー(病院に行かなくても良いと考えること)と思われるチューブの留置も、耳垢を溜めないため、そして通気治療の為に結局通院が必要になる。

人の心理 しぐさ 分かる

 

双子は13歳になり健康にくらしている。

アレルギー性鼻炎

コメントを残す