痔について、痔瘻

痔について、痔ろうの怖さを伝えたい。

痔瘻は、はじめ普通の痔からはじまる。

高校時代から痔は血が出たり、かゆくなったり、おかしかった。

今から考えると柿ピーが好きで、しょっちゅう近所の駄菓子屋で買って食べていた。

田舎暮らしの為、高校まで自転車で片道14キロ、アップダウンアリ、お尻をコクシしていたと思う。

両親も痔は弱くよく切れると言っていた。痔は遺伝すると思う。

大学に入り切れ痔はひどくなり、思い切って病院へ行ってみた。

診察室に入ると先生がベットに横になりお尻を出してと言われ、その通りにした。

その時嫌だったのが、かわいい25歳くらいの看護婦さんが私のお尻を見ていたことだった。

先生はビニール手袋をはめ、肛門の中に指し診察し、切れ痔だと言われた。

帰り軟膏をもらい帰った。でも行ってみたよかった。高校時代から悩んでいたから。痔は生活がフセッセイだともろに反応する。

アルコール、辛いものがもろに反応する。それも個人差があると思うが、長生きする人しない人、武士のようにルーティンを100歳まで繰り返す人は長生きすると思う。

最近新聞で117歳の人がいたが心技体極めさらにジョウブイ親の遺伝子もあると思う。後10年やりたいようにやってきた。

突然変肛門が痛くなってきた。尻をさわると肛門の辺りがふくれあがっている。

やばい!ねれば治るかと思い安静にしていたが逆に熱が出てきた38.0度。

血圧を下げるには塩分と

運動

 

近所の病院に行った。痔瘻と診断された。痔瘻は原因はわからないが、肛門のあたりにミミズが土を掘るように洞穴ができそこに細菌が入り炎症がおこるらしい。

ひどい人だと穴をとり人工肛門をつけるらしい。その後2件病院をまわり症状が良くならないため、大病院に行くことになった。

大病院に行き診察室に入ると直ぐにベットに横になり肛門にメスをいれられた。それが痛いこと。

そく入院となった。メスを入れただけでまだ完治してない。傷がいえたころ手術になった。

手術は3日過ぎに行われた。エレベーターで下に降り、まさしく手術室と言う感じだった。

だいたい痔瘻の手術は若手の先生が勉強の為やるらしい。下半身麻酔を打たれ横になった。

その時、麻酔の恐ろしさを知った。まったく動かない。意識はある。若手の先生が尿道にホースをつっこみ、うつぶせになり、先生がレーザーメスを取るのが見えた。

なんとも言えない臭い。これが肉が焼けるにおいか、時間にして1時間くらいだと思う。

麻酔がぬけないまま病室にもどった。そこからが闘いだった。

便秘のイライラの改善して美しい体型に

 

毎朝、昼と女医先生が消毒用の水だと思われるが、1リットルぐらいの消毒を、傷口に時間にして2から3分かけ続ける。

それは激痛、中1のころヘルペスになり大学病院に入院し背骨に注射バリを刺されたより痛いそれが5日間続いた。

自分が悪いのだがかんべんしてほしい。

やりをえたときはぐったり。消毒は退院あとも続いた。傷が癒えるつど痛みは、消えていった。

 

 排便時や運動時、歩行時に見られることが多く、色は鮮明な赤色であることが多い。特に、直腸付近での出血の場合は、便に血が混じっていたり、出血の色がやや暗い赤色となることもある。出血量は、ほとばしる程度から、肛門を紙でぬぐったときに付着する程度などさまざまであり、排便後まで出血が続く。

疼痛について

 

 持続的な鈍痛の場合と、発症から数日間のみの比較的強い疼痛の場合がある。また、痛みとまでいかなくても、違和感が続く場合がある。

痔核の脱出について

 排便時に生じる場合が最も多いですが、運動時、歩行時、重いものを持った時や、しゃがんだ時に生じることもある。

掻痒感について

 

 時々みられる症状であり、その理由としては、粘液漏出による刺激や、過度な洗浄が原因となる。

痔ろうとは?男性に多い痔ろうの症状と手術による治療がある。

 

痔ろうは、お尻にたまった膿が

 

肛門の奥、歯状線のところには小さなくぼみがあり、そこに細菌が入り込むことで炎症が起こり、膿がたまる。これが痔ろうの前段階。肛門周囲膿ようができると、肛門周囲に強い痛みが現れたり、37~38℃程度の発熱がでる。膿ようが皮膚に近いところにできると、肛門周囲の皮膚が赤く腫れることがある。

 

肛門周囲膿ようが破れて痔ろうができると、痛みは治まる。痔ろうの管を通って膿が出てくるため、下着が汚れることがある。

痔ろうになりやすいのはどんな人

 

痔ろうは圧倒的に男性い。年齢では、男女ともに30~40代での発症が最も多い。10代や60代、70代で発症することもある。下痢をすると水状の便が歯状線のくぼみに入り込みやすいため、下痢を繰り返している人も肛門周囲膿ようや痔ろうになりやすい。

痔ろうの手術放術

一度できてしまった痔ろうは、自然に治ることはありません。生活改善や薬で治すことはできないため、痔ろうを完治させるには手術が必要。

痔ろうは肛門を締めたり緩めたりするのに重要な肛門括約筋を貫通しているため、どうしても括約筋を一部切り取らなくい。かつては括約筋を大きく切除。現在はできるだけ肛門本来の機能を残せるような手術が行われる。ここでは主な3つの手術法を紹介する。

切開開放術

 

切開開放術は、痔ろうの形が単純で、括約筋の比較的浅い位置を通っている場合に行われる手術法。痔ろうの管とともに括約筋を切除する。括約筋の端を少し切る程度なので、肛門の機能に影響がない。

括約筋温存術

 

括約筋温存術では、痔ろうの入り口から出口までをくり抜くように切除。痔ろうの管が括約筋の深いところを通っていて、切開開放術では肛門の機能を損ねる恐れがある場合に検討。括約筋温存術は、その名のとおり括約筋を残すことができるので、深い位置の痔ろうでも肛門の機能を損ねないことが期待。

シートン法

 

肛門の機能を保ちつつ、再発も少なくて済む手術法として注目されているのがシートン法。痔ろうの管にゴムひもを通して縛り、ゴムが縮もうとする力を利用して、ゆっくりゆっくり括約筋を切開。時間をかけて少しずつ括約筋を切開していくことで、切開されたところは治る。そのため、括約筋の損傷が少なくて済む。

痔ろうができた場所によって異なりますが、3か月半から半年ほどかけて治療する。場合によっては1年ほどかかるケースもあります。その間、2~3週間おきに通院し、ゴムひもを締め直したり交換したりする処置を受ける。最終的にゴムが外れることで治療が完了。

痔ろうは自然に治ることはないため、気づいたら早期に肛門外科を受診し、手術を検討する。

冷え性改善 重炭酸湯

便秘のイライラの改善し

て美しい体型に

 

 

 

 

“痔について、痔瘻” への2件の返信

コメントを残す