顔のシミをきれいにして人生を幸せにおくる

    • 顔のシミを取るには、皮膚科に行くと一つ2000円で取ってくれた。それが嫌な人は、フレイスラボがおすすめだ。

フレイスラボ 効果 口コミ今年みんな使うよ

 

年齢を重ねると顔、体のいたるところにシミができる。そんなシミの取り方を伝授したい。

目次

1.顔のシミ、くすみの原因

2.顔のシミの取り方

3.顔のシミの予防

4.顔のシミ対策

顔のシミの原因は、紫外線にある。紫外線を長年浴びつづけると、皮膚細胞の再生能力が低下し、メラニンを外へ排出しきれなくなり、シミになる。

紫外線とは☀️太陽の強い光のことで、悪い光にあたりすぎると、皮膚の細胞がこわれ、日焼けで赤くなったり、日光過敏症になったり、ひどくなると皮膚がんになってしまう。日焼けもいいが、適度にしないと色素沈着やシミ、くすみの原因となる。

タバコ、ストレスも肌にダメージがくる。ニコチン、タール、一酸化炭素は、3代有害物質だ。

ニコチンは、発がん物質で、長期に吸引すると、がんになる確率が高まる。たばこは、吸うと中枢神経系に働き、ここちよくなるが、中毒性があるので注意がひつよう。

顔のシミを取るには紫外線、ストレス、タバコ、不節制は大敵である注意したい。🙅

シミ、くすみの原因として、ホルモンバランスの乱れからくる肝斑や、遺伝的なソバカスがある。いずれも、紫外線が原因で、白い肌がくすんでくる。

肌の汚れや血液循環不良、メラニンの蓄積、肌のかすみでも、シミ、くすみができてくる。

いま現代の携帯や、パソコンのブルーライトでも奥深くに紫外線に似た光線が肌をおかしくしている。

顔のシミを取るにはどうしたらいいのだろうか。

皮膚科に行きレーザー治療を受けシミを取る。友人は右頬に1センチ代のシミが2個あった。皮膚科に行き、シミを2個、レーザー治療でやき取れた。治療した後はかさぶた状態だったがしばらくしたらきれいになっていた。友人言うには、美容整形医は、値段が高くつくが、皮膚科は、保険書が効き、一つのシミを取るのに2000円と言っていた。それが嫌な人はフレイスラボを使ったほうがよい。

フレイスラボ 効果 口コミ今年みんな使うよ

もし治療する場合は、先生の噂、医者の噂を聞き、信用がある病院へ行くこと。🏨

紫外線は、年中出ている。特に紫外線が強いのは5月だ。5月は特に日焼け止めを太陽が当たるところにはぬりたい。

SPF.PAの値を気にしつつ状況に合わせて使う。

SPF☀️は、紫外線B波から肌を日焼けから守る働きがありり、海で使う場合は、高め、通常は低め等工夫したい。

PAは、日焼けした際、はりがあり、健康的な日焼けを紫外線A波がさまたげる。そをぬることによって防ぐ。

日焼け止めもパッチテストなどして自分にあったものを選ばないといけない。

メラニンを取り出すスキンケアをする。肌は、汚れたり、乾燥したり、ストレスが肌に悪影響をあたえる。汚れを出し、肌に良い保湿スキンケアをし、さらに美白効果のあるクリームをぬり、肌の若さを取り戻す。

顔のシミを取るには、対策として、美白効果、保湿効果のある食事をする。

ビタミンCを食べる。ビタミンCは、メラニンの生成をおさえ、肌をつやつやさせてくれるコラーゲンの生成にかかわっている。ビタミンCの食べ物として、レモン🍋、かき、いちご🍓、キュウイ🥝等がある。

ビタミンAを食べる。ビタミンAは、皮膚の粘膜を正常に保ち、免疫力を高めてくれる。健康な肌にはビタミンAが豊富で、紫外線がビタミンAをこわす。

ビタミンAな豊富な野菜として、唐辛子🌶️、にんじん🥕、モロヘイヤ、バジル等がある。

ビタミンEをたべる。ビタミンEはドイツ後でトコフェロールと言い。子供生まれると言う意味で若返りのビタミンだ。

抗酸化作用、血行促進、ホルモンの調整をしてくれる。

ビタミンEの豊富な野菜として、唐辛子🌶️、ベイナス、枝豆、かぼちゃ🎃、ピーナッツ等がある。

肌のシミを取るには、医薬品のシミ取りクリームをぬる。

医薬品は、副作用がある為使う時は、薬剤師に聞くとか、少し塗って合わないと思ったらやめること。病院の先生のいうことをしっかり聞く。

シミ取り商品は、いろいろな物があるが、自分に合う合わないがある為、慎重に選ぶ事が大事。

肌のシミを取るには、ゆっくりお風呂に入り、お肌の汚れを毛穴から落とし、

保湿液、シミ消しクリームをぬり、ストレッチをし、ぐっすり寝ること。🧘🛀🛌、ぐっすり寝ればメラトニンと言う成長ホルモンが体内にでる。それが肌の細胞を回復してくれる。ストレスを貯めず、ぐっすり寝る女性は美人である。

フレイスラボ 効果 口コミ今年みんな使うよ