筋肉の付け方の食事とトレーニング

  • 私が、女性にもてもての細くてマッチョになった筋肉の付け方、食事とトレーニング方法を伝授する。

筋肉を付けるには、肉🍖、魚🐟、卵、チーズ、牛乳等を食べると良いのだが、同時に植物性タンパク質を食べることが大事。

筋肉の付け方、食事で植物性タンパク質が良い理由は、ダイエットも同時進行してくれるからだ。植物性タンパク質で代表的なのが、ブロッコリーでタンパク質が豊富に入っている。

目次

ブロッコリーは、ビタミンB1、ビタミンB6、タンパク質質が豊富にはいっている。ビタミンB1は、疲れにくいからだをつくってくれる。トレーニングには最高のビタミンだ。🥦ビタミンB6は、筋肉や血液をつくるのを助けてくれる。ブロッコリーを食べることにより、テストエストロゲンと言う男性ホルモンが出て、女性ホルモンが弱まり男性らしい体に、近づけてくれる。ブロッコリーは、筋肉を付けるための野菜だ。

筋肉を付ける食事の中の野菜としてアボカドがある。

アボカドは、森のバター、食べる美容液と言われるくらい栄養が豊富に入っている。筋肉トレーニングの後食べればトレーニング効果がアップする。アボカドの栄養素として、ビタミンE血行を良くし、ホルモンの調整をしてくれる。

アボカドは、食物繊維が豊富で腸内環境を高め免疫力をたかめる。整腸作用もあり便秘ぎみの方にもとても良い野菜だ。

    • アボカドが筋肉の付け方の食事として良い理由は、タンパク質解毒するのに、肝臓が負担がかかってくる。アボカドのグルタチオンが、肝臓の低下をふせいでくれる。
    • ブロッコリーと同じように、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2がトレーニングのつかれ、筋肉の付くのを助けてくれる。
    • アボカドが筋肉の付け方の食事として最高の理由は、調理が簡単なこと。アボカドを半分にきり種を取り除き、また細かく短冊切りにし、フライパンでわさびと醤油であえると最高に上手い。アボカドプラスブロッコリーで最高筋肉強化料理ができる。🥭

    • 大豆をしっかり食べる。大豆もタンパク質が豊富だ。納豆は、毎朝しっかり食べたい。納豆が苦手な人は、豆腐油揚げの入った、料理でも良い。しっかりバランス良くたべる。🥑🥦🧇
    • 料理で上手く栄養素がとれない人はプロテインを飲む。プロテインは、タンパク質で、飲みやすくなっている。
    • いろいろなタイプのプロテインがある為自分のが続けられる味、値段、入っている物などしっかり調べ飲み始めること。

    • 筋肉の付け方の食事とトレーニングとして、プロゴルファーは、飛距離をのばして、他の選手より、打数を少なくホールをまわらなければいけない。飛距離を飛ばすには、柔軟性、パワー、持久力、いろいろな面で他の選手の上をいかないといけない。

    • 竹と大木でゆみをつくった場合、やはりよくしなり、丈夫な竹のほうが矢を遠くに飛ばせる。遠くに飛ばすには、柔軟性は、不可欠だ。柔軟性とパワーが付けば飛距離ではてきなしだ。

    • 飛距離を一番ホール、ナイスショットしても、14.15.16.17.と足ガクガクで自分の持ち味のショットが、できなくなった。その時点で負けとなる。サッカー、テニスでも前半線、1セット目は、すごかったが、後半ボロボロでは、自身をなくす。常に自分を厳しい環境において、プレッシャーに勝てる準備が必要。スポーツには、ゾーンに入るということがある。何をやっても上手くいく状況、私も経験あるが、それをつくるのは、試合前、ラウンドまえの準備、練習だけではなく、メンタル的な部分も鍛える必要がある。🏋️🤾🏌️
    • 私も、プロゴルファー目指している人と、親しかったが、毎日アップ、ダウンのゴルフ場を7から8キロ走ると言っていた。アスリートにとって持久力は必須だ。体力がなければ、良いショットは、打てない。

    • アイススケートの筋肉の付け方トレーニングは、体幹トレーニング、空中で何回転して、着地できるか、高くジャンプして、着地できるか、アバウトな演技では、上位にいけない。
    • スライディングボードを利用する。スライディングボードは、左右にアイススケートを滑るように交互に足を滑らす為、太ももの内側内転筋に付加がかかる。かかることによって、体幹が強くなり、スケート選手の必要な筋肉が、鍛えられる。⛷️
    • テニスに必要な筋肉トレーニングは、ボクサーに似ている。自分との戦いた。
    • 団体戦は、見方が攻撃、守備をしてくれる時は、休める。個人戦テニスは、すべて自分の責任となる。テニスのトレーニングは、一見柔く見えるがハードだ。ネットぎりぎりに落とされるドロップショットに対するフットワーク。
    • 前行って拾い返した後の後方へのロブに対する。動き出しと、バック歩き。サーブの際の緊張感とボールをいかに力強く打つかの体の動かし方。6時間におよぶ試合時間のメンタルと持久力、左右の振り回しによる敏捷性。ありとあらゆる筋肉が必要。
    • 筋肉の付け方の食事とトレーニングは、まずは、素直にタンパク質、肉🍖、魚🐟、チーズ、牛乳等の動物性タンパク質をしっかり摂取する。プラス野菜だ。ブロッコリー、アボカド、大豆中心に摂取、足りないと思ったら、プロテインを摂取。まずやって自分に合うものをみつける。合わなければ変える。2から3ヶ月は続けること。

    • トレーニングは、自分との闘いだ。悟空、ケンシロウをめざしてくれ。まずつづけること。🏋️🏋️🏋️🏃🏃🏃

ダイエットの食事と運動

たんぱくオトメ味と良さ

を追求

 

“筋肉の付け方の食事とトレーニング” への2件の返信

コメントを残す