テント おすすめ 21選!

テント おすすめはどれか

これからは、災害がおきた際に、団体で避難所生活をすることは、新型コロナウイルスやまた新たな病気の感染確率を上げるごとになります。

そんな時に、テントがあれば、家族や、恋人、友人等大切なひとを守れる確率があがります。

その為にも、テント等を買って、外で生活を訓練することは大切です。

テント おすすめはどれ!!

真ん中に一本のポールを立てて、そこから吊り下げてテントを建てます。
大きなサーカステントやモンゴル民族の家に似た感じです。
1人キャンプには、簡単に設営できて、良いです。


3人以上テント

 


緊急時、避難テントは長期を見越して良いものを選ぶ

地震、水害、火災、いろいろな試練が私達に襲いかかります。

そんな時に自分自身、家族、友人、彼氏、彼女を守る為、テントを守る為、楽しく練習してください。


テントは値段の高いものは耐久力がある

新型コロナウイルスが終息したとしても、また新たなウイルスが、私達を襲います。

人間一生の間に200種類のウイルスに感染するといわれています。

新型コロナウイルス以上も出現するかもしれません。

そうなる前に準備は大切です。


テントとひとくくりに言っても、値段も性能や使用目的によって様々です。
1万円以下の激安なものもあれば、10万円以上でかなりハイスペックなものもあります。

キャンプアイテムを揃えるのにかなり出費することになります。

テントも安すければ良いわけではありません。
安い分、質は大切です。
あまりにも安いテントを買ってしまうと、楽しいはずのキャンプも快適ではなくなってしまいます…テントに使うお金を節約したばかりに、急な雨でテントの中が悲惨なことにといった話はよく聞きます。

テントの種類

テントは構造のシンプルさから入門モデルと言われますが、入門モデルだけではなくハイエンドモデルまで多数のモデルが発売されています。サイズもファミリー向けから1人〜2人用の小型モデルまで幅広く、一番種類の多いモデルと言えます。

ドーム型テントは一番普及しているタイプでスノーピークのアメニティドームなどもこのタイプです。

就寝スペースは260×260cm前後が一般的。キャンプ場のレンタルテントもほとんどがこのタイプです。
2本のフレームを本体に差し込むとクロスした4本の足で安定して自立し、設営の初期段階でテントの形になってくれるので、気分的にも安心です。

フライシートをかけて完成すると流線形のシルエットになり、風を受け流すので耐風性が高く、設営も簡単です。

重量も10kg以下が多く、軽量でトータルバランスが高いので普及しているのも納得できます。

 

2ルームテント

大きな分類的にはドームテントと同じカテゴリーですが、前室がリビングとして使えるほど広く作られているので、タープを別に準備しなくてもいいのが魅力的です。

大型テントに多いタイプです。

トンネルテント

たわませたポールを平行に並べてトンネル状に組み立てる構造で、ここ数年、注目を浴びています。大型モデルはおもに広々とした空間を作り出す2ルームタイプとなっており、5~6人でもゆったり過ごすことが可能。小型モデルはツーリング用が多いですが、なかには山岳用のものもあります。

モノポールテント

テント中央に1本のポールを立てて設営するとんがり屋根が特徴です。

「ワンポールテント」とも呼ばれています。設営にはコツが必要です。

慣れてしまえばカンタンです。

コンパクトに収納できることもあり、近年人気も上昇中です。

インナーテントが別売のモデルもあるので、購入時は確認すると吉です。

 

テントの種類はまだまだあります

ワンタッチテント

テントとポールが一体となっており、傘を開くように開けばテントが立ち上がるので、テントの設営に自信がない初心者でも安心です。

大型モデルから小型モデルまで幅広くラインアップされており、小型モデルはピクニックや海水浴で使うのにも適しています。


テントおすすめまとめ

テントを購入する場合、価格の安いものを選ぶと後悔します。

1万円以上の物を選びましょう。

一人用、2人から3人用、いろいろありますが、自分にあった物を選びましょう。

 新型コロナウイルスやキャンプブームで在庫切れが進みます。 早めにおすすめします。