関節リウマチ対策

  • 関節リウマチは、早期発見なら治る。イメージで言うと、リウマチの穴があり、症状の軽いうちにその穴を埋める感じである。

関節リウマチの初期症状は、手のこわばり、痛み、腫れがある。ひどくなると、骨が破壊され、い痛みがひどくなり、変形する。

関節リウマチは、詳しい検査が必要だ。リウマチの症状で一番は、朝起きての、手のこわばりだ。そういった、おかしいと思ったら、直ぐに大病院へ行き症状を言うこと。

病院では、X線検査、骨の破壊度、骨の変形を見る。超音波診断、炎症の状況をみる。CCP抗体による血液検査。どこの医療機関でもできるので、早期発見できる。

関節リウマチは、関節は、滑膜という薄い皮に覆われている。その薄い膜に炎症がおこる。

特に男性より女性の30代から50代の発見が多い。

リウマチと診断されたら、体調管理すること。例えば、自分の体に炎症があるなと、思ったら、無理をしないこと。体調が良いと思ったら、体を動かすこと、スイミング、歩く。ストレッチ、工夫する。

血管障害、糖尿病、症候群、リンパ腫などいろいろな合併症がある。少しでも、おかしいなと思ったら、大病院へ行くこと。我慢しない。

リウマチになると、感染症になりやすい。外出のさいは、手洗い、マスク、うがい等体調にきよつけること。

リウマチになると、精神的にも、おっくうになるが、あまえるとこは、あまえて、体調管理すること。

膝の痛み

コメントを残す