アレルギー性鼻炎

鼻がムズムズ、涙目、花粉の時期に入ってきた。鼻炎は、花粉が鼻の粘膜にくっつき、それをくしゃみや涙等でとり払う体の反応だ。

花粉は2月から4月は、スギ花粉、4月から5月はヒノキといった具合に、年中ある。北海道は、しらかば花粉がある。どこの地域もたいへんだ。

花粉症になったことのない人、花粉症の症状が、今までない人でも、花粉が、出る時期に、その木のそばにいると、花粉症になってしまう可能性が高い。

花粉症を防ぐ方法として、マスクがあるが、マスクもすきまから、花粉が入ることから、100パーセントではない。メガネをかけると、かけないとでは、3ぶんの1に、軽減する。一番は免疫力をつけること、腸内をととのえれば、免疫力も上がる。納豆、ヨーグルト、にんにくが上位3つだ。

花粉症とアレルギー性鼻炎の違いは、花粉症は、その時期に起こる鼻炎で、アレルギー性鼻炎は年中である。

治療方法として、薬があるが、薬でも症状が改善されない場合、手術になる。レーザーメスで鼻の粘膜を薄く切り、症状を和らげることをする。

日頃、きよつけることは、花粉の季節に、外出した際は、帰って来たら、服についた花粉もきれいに落とすことが、大切。アレルギー性鼻炎も、自然に治る人もいることから、不健康な生活をせず、免疫力を上げる食事も大事。

鼻炎は、企業の調査でも、やっかいになっている。

厚生省ホーム

https://www.mhlw.go.jp/

 

“アレルギー性鼻炎” への1件の返信