ポリープ検査結果

 

大腸内視鏡検査により、2センチメートルのポリープがあり、病理検査をうけた。

ポリープの色は、紫色でピンセットでつまむくらいだった。ポリープは2センチ、までくらいは、内視鏡をいれ、腸の中に空気を入れ、内視鏡検査先端から、よくウエスタンカーボーイが馬や牛に投げ縄を投げる感じで、ポリープめがけて、電気メス投げわをかける。切断する。病すが、中の方まで進行していると、内壁ごと剃りとる感じで手術をする。内壁に深く進行している度合いで癌のステージをはんだんする。

手術をしてくれた先生が、後2年、3年経過すると、ひどいことになっていたと言う。健康診断をして便から血が混じっていると判断され、痔だと思い、放置しているとひどいめにあう。健康診断で要検査が出た場合はやく病院に行ったほうがいい。ポリープをとって検査にかかる日数は、一週間から二週間だ。私は一週間後来てくださいと言われ、予約を取り先生の元へ行ったが、まだ検査結果が来てないと言われた。先生が、言うには、ポリープがおおきくなればなるほど、例えばハムを輪切りにして10等分して検査にかけるのと、20、30にして細かく見ると時間がかかるらしい。ポリープがきのこだとするときのこの、傘の部分に癌があった場合、経過観察、根本に少しでもあるとまた体のどこかに転移してないか精密検査しなくてはならない。大腸の癌は他の癌に比べて治るといわれている。大腸癌第一ステージ90%回復する。検査結果は引き延ばされた。

第4ステージは、転移している為生存確率60パーセントから70パーセントとなる。知人に膵臓がんで、亡くなられたひとがいるが、膵臓がんでの5年以上の生存率20パーセントから40パーセントだ。手術が難しい。葬式に行って顔を見たがそれは苦しい顔をしていた。膵臓がんになるとそれは体がいつもだるくて、疲れやすく、やる気がおこらない。こんな症状は早く病院にいったほうがいい。一週間後またドキドキしながら病院に行った。大病院は先生の机の上に巨大なパソコンのディスプレイがあり、がめんを見ながら病理検査の結果をみた。患者もひと目で分かる感じた。

診断結果はポリープ良性、癌ではなかった。神様ありがとう。

先生が言うには、癌遺伝子がある人、健康に悪い食生活等が癌になりやすい。大腸癌は、先進国に多い病気だ。

毎年受けるといいよといった。

ポリープ検査結果

内脂サポート悪い口コミ

は読むべし

 

 

“ポリープ検査結果” への1件の返信

コメントを残す