筋肉を付けるには胸、トレーニング継続でみんながあこがれる体型に

筋肉を付けるには、胸、腕、太もも、足毎日のトレーニングが大切だ。

腕立てまず10回、手を広げず、腕胸に付加がかかるよう上下する。その時お尻はできるだけ下げ、腕、胸に付加がかかるようトレーニングする。🏋️

3日トレーニングしたら、回数5づつ上げていく。3ヶ月後には、100回できるようにしたい。🏋️

100回できるようになったら、セットを増やして行く。慣れてこれば、30分から60分毎日トレーニングしたい。腕立て伏せのみなら狭い家も、路上でも、学校でもできる。無理しないで続けることが大事数字にはこだわらず長く続ければ必ず身体が違ってくる。

🏋️

野球、サッカー、バスケ、陸上、何でもこなしてきた私が、細マッチョモテモテ、筋肉の付け方胸を伝授する。

ボディービルダーの筋肉は、あつみがあり、ハリウッドの映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーも元ボディービルダーだ。見ているだけで強そうだが、この筋肉は、使える筋肉なのかそうでないのか。学生時代友達と腕相撲をしたが、私より体重も身長もなく、腕も細い友人で腕相撲学年一番がいた。

ボディービルダーの筋肉の付け方は、使える筋肉でもあるが、パワー型である。

ボディービルダーのトレーニングは、重いダンベル🏋️を6回から12回付加をかけてトレーニングする。ダンベルを持ってジャンプしたり、走ったりし、トレーニングをする為、ジャンプ力は、バスケット選手、バレー選手なみと言われているが、ボディービルダーの筋肉は、お客様に美しい筋肉をみてもらい、楽しんでもらう競技だ🏋️。

トップスプリンターの筋肉の付け方胸、足、腹は、筋肉量が多いことが分かる。

一見細く見えるが、足首から上の筋肉、肩周り筋肉が付きひきしまっている🏃

スプリンターは、筋肉量が多い。筋肉量とは、体の組織に対する。筋肉の割合だ。

スプリンターは、大腰筋、大腿直筋だ。足を引き上げる力。踏み込む力、細い筋肉では能力は出せない。太く強い筋肉が必要それにはトレーニングだ。🏋️走力を鍛えるため、25メートルダッシュ、50メートレダッシュ、100メートルダッシュを10セット、20セット、30セットとトレーニングしていく。

スプリンターは、下半身の筋肉だけではなく、上半身の筋肉も必要。走りは、腕の振りでも決まると言う。ダンベルでの上半身への付加をかけるトレーニング、腹筋を強化するトレーニングが必要。

    • サッカー選手の筋肉の付け方胸、足、腹は、自分より体格のいい選手にあたられたり、足を蹴られたり、ドリブルの再、スライディングタックルまで受ける。🤸

    • サッカーも全身の筋肉、体幹が必要。あたられても、蹴られても、体の芯を崩さない、筋力をつける。
    • サッカー選手の太ももは、太く、筋肉が貼ってきれいだ。太ももの筋肉を鍛えるには、大腿二頭筋、大腿四頭筋、下腿筋群を鍛える。グリーンプロテインを飲みさらに筋肉加速をつける。⬇️🙋押して読んでおいて下さい。

  • パワー、キック力、スプリント力、持久力も必要。🏃
  • 前後半90分以上走れる走力、相手のカウンターに対するスプリント力、反則すれすれのラフプレーに対する筋肉、あるとあらゆる部位を鍛える必要がある。センターリングが上がり、相手選手を交わしゴールを決めるには、相手の選手より1センチ、2センチ前を行く自分の足、高く飛んだ後の頭かそれを決めるには筋肉トレーニングが必要。🦸
  • 野球選手の筋肉の付け方胸、腹、太もも、足のトレーニング方法は、上半身にある。走って、守って、打って三拍子揃った選手が好まれる。野球で言ったらイチロー選手やニューヨークヤンキースの松井選手だ。松井選手は、上半身のパワーは、選手の中でも最下位だが、下半身の強さはトップクラスだ。内転筋の強さが半端ない。
  • 内転筋が強いと下半身がぶれず、バットを素早く打ち抜ける。バットスイングが強化すればはやくなる。🤾内転筋は、太ももの内側にある筋肉だ。鍛えるとボールを打つ前のためや、ピッチャーで言う低めのボールの急速が伸びる。
  • 内転筋のトレーニング方法は、足幅をできるだけ広げ、ダンベルを持ちスクワットをする。体を壊すほどやってはいけない。🏋️自分のペースでスクワットで、付加をかけていく。野球やサッカー、バレー、テニス、球技は、チャンスがあれば、いくらでも上に行ける。今やっている人も埋もれた才能の人はごまんといる。そのチャンスをつかむには、普段ない場所に身を置いて、心、体を鍛えないといけない。修羅場をくぐらないと行けない。
  • 筋肉の付け方胸、肩、太もも、足バスケットボールの場合は、筋肉もトレーニングもプレッシャーのある状況での筋肉とそうでない時の筋肉では違いがある。
    スローイングをうつ際も、試合をイメージし、練習する。このフリースローで勝敗が決まるとか、この一点で試合が決まるとか、練習のなかでそれができるかどうかで大きく決まる。
  • 私は、テニスを長年中心にやってきたが、練習中もプレッシャーをかけてやってきた。サーブの際、打つ前に筋肉を脱力すると、力を抜くとうまくいくケースが多い、バスケットボールのフリースローも打つ前に、すっと力を抜き打ったほうがいい。練習にも自分のルーティンを養ってチャレンジしたほうが上手くいく。⛹️
  • 競輪選手の筋肉の付け方胸、肩、太もも、足は、知らない人は感じないが競輪選手は、命がけである。
  • 競輪学校に入るだけでも大変である。倍率10倍以上ある。10人に一人しか受からない。
    • 🚴自転車のペダルを高速でまわす力ケイデンスが必要。200メートル、400メートル、1000メートルのテストがある。男子では、国体上位に入らなければ合格できない。🚴🚴🚴🚴🚴🚴🚴
    • 大腿筋、三角筋、広背筋、体幹部、大腿四頭筋、ハムストリングス等、競輪選手の世界は、自営業だ。身体が資本、競技中、怪我をすれば、収入0になる。また収入が、下から足切りがある厳しい世界だ。勝てば1億2億稼げる。🚴スポーツと言えばプロテイン、筋肉増強加速させる。⬇️🙋押して読んでおいて下さい。

  • 太ももをスクワットで鍛える。ハムストリングス、太ももの内側の筋肉で、ペダルを引き上げる力をつける。上半身は、他の選手からあたられたり、あたった時のハンドルのぶれをなくさないといけない。それには他の選手の何倍も付加をかけるトレーニングが必要。🏋️
  • 筋肉の付け方胸、肩、腕、太もも、足、きれいな細マッチョな体を作るには、毎日無理なく体に、付加をかけてトレーニングする。身体が辛いときは休む、元気になったらトレーニング開始する。また食事も大事サイトマップダイエットの食事と運動も読んでください。
  • ダイエットの食事と運動

おすすめプロテイン⬇️🙋

“筋肉を付けるには胸、トレーニング継続でみんながあこがれる体型に” への5件の返信

コメントを残す