便秘のイライラの改善して美しい体型に

  • 便は、一日に一回から2回が通常だ。2日に一回でも本人が違和感を感じなければよい。

便秘が酷い人は、3日から4日出ないこともあり、だんだん気持ち悪くなり、しだいにお腹が張り、下剤を飲んで出すを繰り返すこととなる。

下半身を痩せてバストアップをさせて人生を良い

方にかえる方法

 

原因として、水分不足がある。水分をとると便が柔らかくなり、逆にとらないと、便が固くなる。水分もいっきに飲み干すのではなく、少しづつ飲む事が、便が柔らかくなるこつだ。

不規則な生活をしている。食事も食べたり、食べなかったり、夜8時に寝たり、1時に寝たり、そうなると腸にも影響がでる為便秘の原因となる。

食物繊維が不足している。食物繊維にも、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維を摂取しても便は柔らかくならない為、水溶性食物繊維を摂取する。

ダイエットと中性脂肪

 

りんご、みかん、オレンジの皮、ヒジキ、ノリ、ワカメ、昆布、もずく、めかぶ、アボカド等は、水溶性食物繊維を含んでいる為、腸に入ると便を柔らかくしてくれる。よくお腹がゴロゴロと言うのは、腸が動いているからだ。

鉄分が不足している。ヘム鉄と非ヘム鉄があるが、鉄が不足すると、体の隅々に酸素を運んでくれるヘモグロビンが不足し、貧血が起きる。女性に4人に一人が貧血で、貧血になると血液が滞り、体は、血液の量を増やす為水分を使い、便を柔らかくする水分さえ使用し、便秘となる。ヘム鉄が摂取できる食材として、鶏肉、牛肉、豚肉、レバー、貝類等ある。

職業性の便秘、私の知り合いにも、エステティシャンや歯科衛生士がいるが、患者さん、お客さんが来ると、トイレに行きたくても我慢しなくてはならない。やはり、膀胱炎、便秘の方が多いらしい。

緊張、悲しみ、恐怖精神的な便秘。私もそうだが、旅行へ行くと、緊張、環境の変化から、便が出なくなる。緊張から腸の動きが鈍るからだ。家に帰ると便が出る時がある。旅行は楽しいものなのになかなかうまくいかない。

かんちょうや、下剤を乱用すると、慢性化し、効果がうすまってくる。

便秘を改善するには、なかなか難しい仕事の方も見えるが、武士のような規則正しい生活をし、水分を少しづつ摂取する。水溶性食物繊維をしっかり食べる事。ヘム鉄の入った食材をしっかり摂取する。糖質、脂質は、腸を刺激してくれる為適量に摂取する。適度に運動をする。お腹をマッサージする。マッサージは、腸をほぐすように。やるべき事をやって便秘を解消し、いつまでも、元気で美しく、健康でいたい。

便秘があまりにも酷いと大病院へ行ったほうがよい。

病院では単純レントゲンや血液検査をする。大腸内視鏡カメラは、お腹を空にしてから受ける。受ける際は、全ての、便が出切り便が透明になるまで待たないと行けない為、受けるかたは、前日の食べ物をきよつければ、順番が早くなる。

骨や骨盤が悪く、便を出そうとした際上手く力が入らず、排便出来ない病気もある為、そういう方は、リハビリとなる。

処方される薬は、酸化マグネシウム系の薬で、効き目が穏やかで毎日飲んでも大丈夫だ。刺激性の下剤やビィフィズス菌や乳酸菌剤も出る。

一番は病院に行かなくても治す事が大事。女性やお年寄りは、まず食事の量が少ない為、しっかり食べてほしい。

便秘に良い、つぼもある。合谷のつぼ、親指と人差し指の間にあるつぼで、風のひきはじめ、目の疲れ、頭痛等万能つぼと言われている。おへその中心付近につぼが集中している。テニスボールを利用し、マッサージをすると即効性がある人もいる。他にもだいちゅう、ほうりゅうと言ったつぼがある。

自分に、合った方法をみつけ、改善したい。

寝れる方法を教えて

ダイエットと中性脂肪

 

“便秘のイライラの改善して美しい体型に” への3件の返信

コメントを残す